らんすー2019/08/06 12:49

c言語にも乱数はあった。
あたりまえか。。。

rand();
ランダムな座標にランダムな色を打つ。



なかなか元の図形は埋まらないもんだなぁ。。。。

乱数が偏ってるのか?
それとも
星空の謎に近いのか?




1TB→2TB2019/04/28 19:54


うちのLANDISK、
1TB x 1ドライブなんですが、
2TBのUSBドライブをつないで
ミラーリングしてました。
LANDISKへ2TBを換装しようと検索すると
HDDスタンドやらubuntuやらGPartedやらけっこー大変そう。。。

とりあえず、全ファイルをバックアップしてから、
分解です。

ミラーリングしてたUSBハードディスクも分解。
これはネジがなくてフタを開けるのが大変でした。


それぞれのHDDのパーテションを見てみたら、
最後のdev/sd○6 linux-raidの領域の容量だけ違ってるようでした。

1TBのほうは926.89GiB
2TBのほうは1.81TiB。



ということなので、
なにもいじらずにミラーリングしてた2TBを そのままLANDISKへ入れてみました。


起動したら、
ピーピーうるさいので、
(ミラーリング設定をオフしてから外したのに?と思ったんですが、ミラーリングの方のディスクだから、ミラーリング設定をオフする直前の状態なんですね♪)
ミラーリングの設定をオフにして、
全容量をみたら、もとのままの994GB。
(ここで、入ってたファイルが使えるかどうか確かめればよかったのですが忘れました。
でも、たぶん使えるんでしょう。そうでないとミラーリングの意味がない。。。)


そこで、
初期化をかけて、
工場出荷時設定に戻す。をやってみたら、
2TBになりました♪

ただし、
データは消えてしまうので、バックアップからもどさないといけません。
(このLANDISKはシステムがHDD内にあるとのことなので、まっさらなHDDを付けたら起動しなくなるってことらしいので、こんな手順をふんでみました。)


注意)
ミラーリングディスクを外したままLANDISKを起動すると、
赤ランプがついてピーピーうるさいので、
うっかりミラーリングしていたディスクをつなぐと超ダメです。
勝手にミラーリング再構築に入ってしまい、終わるまで8時間ほど待たされました。


ひっこし2019/04/27 07:24

リフォーム&引越の手順を考えました。

まずは、余っていた外付けHDDを起動ドライブに作ります。
フォーマットして、MojaveインストールアプリでMojaveをインストールしました。

インストールが完了すると、外付けHDDから起動するようになります。
OSのみだと使用容量は13GBくらいですね。
移行アシスタントを使って、内蔵HDDの環境を外付けHDDにフルコピーしました。
外付けから起動しているので、
TimeMachineからじゃなくても、内蔵ドライブを直接指定できるのですね。

350GBほどで3時間ちょっとかかりました。
これで、内蔵HDDが無くても今までとまったく同じ環境で使えるようになってます。




次に、
内蔵HDDをフォーマットします。
まだ買ったばかりなのに。。。

けっこう怖いですけど
覚悟を決めて実行!
消えました。
もう後戻りはできません。



外付けSSDもつないで、
ターミナルからdiskutil apfs createContainer……でFusionDriveを構成します。
うまくいったようです。

Mojaveインストールアプリを使ってfusionにMojaveをインストールします。

インストールは20分くらいで終わります。
復元とか使うと数時間待たされた後、失敗しました とかあるので、シャレになりません。
インストールが完了すると
いよいよ内蔵FusionDriveから起動します。

リンゴマークの下にバーが出てくるまでが20秒ほど長くなりましたが、
無事Fusionから起動しました♪
アプリの起動とか、速くなってる♪
ここで、いちおう、速度の確認を。
オッケーなようなので、
移行アシスタントで外付起動HDDから環境をfusionへコピーします。
移行は350GBほどで約2時間。

できました♪

新型にしてからというもの
なぜか内蔵HDDが50MB/sくらいと超遅くなってて、
写真アプリとかがつっかえつっかえでしたが、
Fusionになってソクソクになりました♪



この手順で引越すると、
いつも使っているmacOS環境から全てを操作できるので、
1ステップごとに落ち着いて確認できます。
なので、とっても安心でした♪



FusionDrive2019/04/24 22:14

新型MojaveはAPFSとかいうフォーマットだそうで
コンテナというものを使ってFusion Driveを構成するそうです。

なので実験。
内蔵の起動ドライブではなくて、
外付けの
USB3.0の2TB HDDと
USB3.1gen2の480GB SSDを
Fusionにしてみる。


おー、できたできた。


最初、メインとセカンダリを指定してやらなかったら、
2TB HDDの方がメインになってしまったようで130MB/sしかでませんでした。
USB接続のSSDはソリッドステート いいえになってるせいなのかな?

実験はうまくいったので、
次は起動ドライブを内蔵HDDと外付けSSDでFusionDriveにします。




そして今は

これが気になってます。。。


4K2019/04/11 19:48

うちのiMAC 2011lateだったので
そろそろ7年が経ちOSアップデートが切られてしまいました。
前のiMAC G3が6年くらいで壊れたので、
買い替えのタイミングを探っていました。
壊れてからだと何かと面倒だったので。

で、
3月末に新発売のiMAC2019 4Kの一番安いのに買い替えました。
それでも前のより伍萬円ほども高くなった。
円が弱くなってる?
なんでも総値上げのせい?
話がそれました。

TimeMachineのHDDから移行できるので、
いまさらですが、壊れてからの買い替えでも
なんにも面倒はないということがわかりました。(汗

モニタが4Kになって

きれい
というか紙っぽい感じになった?


前のフルHDは

iPad見た後だとぼやけて見えてました。


当然ながら、
写真の見え方が ずいぶんと変わってしまって。。。。
コントラストというかシャープネスというか、細かすぎる気も。。。

とりあえず、ピントがはずれてるのがよくわかるようになってしまって。。。。

デジタル画像は
デジカメ撮影機よりもモニタ表示器の方が影響大きいんですね。


で、買い替えても
モニタの見え具合がちょっと違うだけで、
あとはなにも変わらないというか、
できることは同じだし、
正面から見る限りでは全く同じです。

昔は買い替えのたびに進化にワクワクしたもんですけどねぇ。。。


どーぐ2019/03/25 15:46



ここ数年で
一番長い時間使ってる道具
を買い換えました。
新型が高かったので、去年型の一番安いのにしました。

前のは、
OSがアップデートしなくなってしばらく経ったので、
ばぁちゃんのおもちゃに。

少し軽くなって、
ほとんど何も変わらない使い心地が

じつは良いことなんだろうね。


新しいのっていう感じは一切ないです。。。。